ヒト由来のフェカリス菌の乳酸菌サプリ

MIHARUの乳酸菌
EF-2001で強い体に!

乳酸菌といえばヨーグルトを連想しますが、実はお漬物や味噌などにも乳酸菌が含まれています。乳酸菌は多くの種類があって形や特徴はさまざまです。 MIHARUの乳酸菌に含有されているフェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリスEF-2001菌)は、球状の乳酸菌でビフィズス菌などの棒状の桿菌と比べると、とっても小さい菌なので一度に多くの菌を摂取するのに適しているだけではなく、狭いところまで行き届くことが出来るので健康なからだづくりに役立つ乳酸菌として注目されています。MIHARUの乳酸菌に含有されている乳酸菌は、このエンテロコッカス・フェカリスEF-2001菌を加熱殺菌処理をすることで活性力に優れている乳酸菌へと変化させパワフルな乳酸菌のみを商品化しています。

GoogleAnalyticsを導入します

圧倒的高機能!Googleの無料アクセス解析サービス「Google Analytics」 | WordPressの使い方を覚えたい

世界中で導入実績のある高機能無料アクセス解析サービス「Google Analytics」。ページビュー、検索キーワードの解析はもちろんのこと、ユーザーのサイト内でのページ移動の確認、ユニークユーザー数、参照元の確認や、AdWords広告の効果測定など、ネットビジネスで有効な様々な情報を取得することができます。広告バナーの表示が必要ないので、ビジネスサイトにうってつけ。これだけの機能をもってして無料で利用できる、ぜひ導入&申込しておきましょう。

どうしてもテーマの編集がどこでできるのかわかりません。orz

なた豆の効用を調べてみます

natamama

なた豆の効能・効果 | なた豆の「刀豆ナタマメ協会」

薬効を露骨に記述すると薬事法違反になりますので、「らしい」としか表現できませんが、なた豆の効用はかなりあるようです。まず上記サイトをご覧ください。

メタボ
口臭
歯槽膿漏
蓄膿症
>古くから「膿取り豆」として、民間療法に使われていました。
漢方の古い文献などを紐解くと、歯槽膿漏(今でいう歯周病)や、蓄膿症、痔ろうといった、膿ができる病気に、なた豆が効果があるとわかってきたのです。

なるほど、何かイメージができますよね。膿を取ってくれるようです。

さらに次のようなことがわかっています。>なた豆茶に含まれるコンカナバリンAの免疫の正常化作用により、免疫異常で引き起こる、花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜん息などといったアレルギー症状が改善されることが期待できます。

wikipediaにはさらに詳しい情報が載っています。日本原産ではなく熱帯アジアあるいはアフリカのようです。Sword beanと英語でも同じですね。問題は毒性。

毒性

豆類全般にいえることだが、ナタマメにも毒がある。 とくにタカナタマメ・タチナタマメには毒が多い。食用とするのは白ナタマメといわれる品種である。 粗悪な健康茶などには注意が必要。また、メッセージ缶に用いられるものは食用に適さない品種が使われており、食べることはできない。 サポニン青酸配糖体・有毒性アミノ酸のコンカナバリンAカナバリンなどの毒素が含まれている。

ナタマメ – Wikipedia

ブログタイトルを変更しました

windows liveからの移行はすでに昨年の11月くらいにアナウンスがあったことを今日知りました。

それはそうと

もしこのブログをこれから生かしていくとなると

ブログタイトルを変更しなければならないと思い

WORDPRESS版・私の健康日記

としました。

はい

健康について書いていきます。

Pollenon(ポレノン) 30ml
Pollenon(ポレノン) 30ml
その他鼻洗浄剤はこちら

「Pollenon(ポレノン) 30ml」は、「Pollenon(ポレノン) 30ml」は、花粉などのアレルゲンを、ペクチンで吸着しDNAで集めて固めてしまう新しいコンセプトの花粉対策商品です。目や鼻のナイーブなところに噴 霧することで花粉をブロックします。マスクに吹きかけてマスク用スプレーとしても使用いただけます(まさに見えないマスクです)。花粉をブロックする成分 のペクチンはジャムなどの食品に含まれ、主に果物や野菜に多く含まれる天然成分ですし、DNAは全ての自然食品に含まれる安心・安全な天然成分ですので、 花粉症治療で用いられる抗アレルギー剤でしばしば見られる眠気や、ふらつきなどの副作用がなく安心してご使用できます。何故このようなことが可能かという と、下記原理のためです。
1 飛散する花粉はその表面にアレルゲン(ペクチナーゼという酵素)があり、(+)に荷電しています
2 ペクチン(ポレノン主成分)はそのアレルゲン(ペクチナーゼ)と反応することで花粉を吸着します
3 花粉とペクチンがくっついた分子は、さらに(-)に荷電したDNA(ポレノン主成分)とくっつき更に大きな塊となります。その結果、花粉症を引き起こす細胞に花粉がくっつけなくなり、いやな症状が起こらなくなるわけです。
さあ、ポレノンで生産性を下げることなく仕事に、外出に、スポーツを思い切り楽しみましょう。